25歳フリーター正社員への道 > スポンサー広告 > スポンサーサイト

25歳フリーター正社員への道 > 輪行・原付旅行 > 切符でブルーな気分

プロフィール

せい

HN:せい
26歳/男/フリーター
略歴・自己紹介はこちら


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


勝手にお気に入りリンク

※上記サイトの管理人さんでリンクされたくない方はコメントで言ってください。また、当サイトへのリンクはご自由にどうぞ。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切符でブルーな気分

あ~~突然ですが、今後休日に原付でどっか行くの止めようと思ってます。理由は簡単!「警察がいるから!w」いやいやいや...「ちゃんと運転するのが難しいから。」です。

実はちょっと前に淡路を原付でぐるっと一周してきたんだけど、見事にやられました!時速45kmだったようで、15kmオーバーで7000円とられちゃいました。しかも!それから2週間後ぐらいにまた別のとこで指定通行区分違反で5000円とられました!(ノ∀`)アチャー

2回目の時は俺も警官に敏感になってて、交差点入る前から警官立ってるの気づいてたわけよ。それで、「おっ、アブねぇ!スピード、スピード...っと(減速)。よし!捕まえられるものなら捕まえやがれ~~~」て進んでいったら「はい。止まって~」ですよw。普段、でかい進行方向別通行区分があるような道路全くと言っていいほど通ったことなかったから、そんなの忘れてましたね。原付は基本左側はしってりゃいいと思ってたんで、左折しなきゃならないレーンで直進しちゃってました。(ニ段階右折禁止に交差点の直前で気付いた場合とかは、その交差点で左に曲がってまた左に曲がって...とぐるっと回ってもどってくるようしようと決めてました。)

というわけで、休日の天気の良い日は危険なので、原付でどっか行くの止めます。だって原付の制限速度は30km/hですよ!正直ちゃんとそれ守ってる人は少ないと思う。そういや、たまにそれを守っておばちゃんが走ってて、後の車が追い越しにくそうにしてるの見ますね。

では、休日もどこにも行かないのか?っていうと、そんなこたぁない!知ってますか?世の中には輪行という言葉があるということを。俺は全く知らんかった。「折りたたみ自転車を電車に持ち込んで、どっかの駅で電車を降りてチャリをこぎ始める」というのを俺もしてみようかと。電車代かかるけど、警察に払うよりJRに払いたい!wそれに運動不足解消にもなるしね。どっか田舎の景色の良いとこで降りてチャリコギしたいな。その前に折りたたみ自転車持ってないんで買わなきゃだけど。

輪行サイトに関して俺のお気に入りサイトを紹介します。輪行@@(おさんぽくるくる)です。関西に住んでる人は一度ご覧あれ。ここタイトルにしっかり「輪行」って書いてあったんだね。数か月前からちょくちょく見たりしてたけど、最近「輪行」という字に気づいたわ。今まで「おさんぽくるくる」の方に目がいってました。

※淡路ではゆーぷるとやらによりました。で、遊具でおち○○んをぷらぷらさせてるおっさんを見て笑いました。

« 折りたたみ自転車買いました| ホーム | 仕事や勉強 »

コメント

僕も大阪時代は原付生活してました。
特に豊中だったので、十三大橋渡る時は常にミラーで後ろから白バイが来てないか確認しながら走ってたのを覚えてますねw

せっかくなんで、中免取っちゃったらどうです?
京都のデルタかニュードラなら車の免許持ってたら5万で取れますよw

>のずさん

中免ってたぶん普通二輪のことですよね。う~ん...バイクに興味ないこともないけど、バイクは運動にならんのでやめときます。それに、のんびり景色を楽しめる自転車の方が俺には合ってると思うので。

淡路は友達と普通のバイクと原付(俺)で走って、過去最速でてたと思うんだけどw、風がすごくてこれ以上はやばいと思いましたわ。それに、バイクでスピード出してじこったらかなり危ないとも思った。その友達はじこって救急車で運ばれたこともあるそうなんで。

大阪って白バイ多そうですね。白バイはこの前初めて通勤途中に生で見たけど、スゲェ~と思いました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

※コメント送信ボタンを押すと投稿確認画面に移動します。
認証用キーワードは「半角数字」でお願いします。

トラックバック

http://seisha.blog40.fc2.com/tb.php/64-c9b24d32

| ホーム | ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。